(この記事の使用環境: Unity5.5.0f3 Personal、Windows10、SteamVR Plugin 1.2.0、VRTK3.0.1)


VR用アセット「VRTK」のスクリプト VRTK_TrackObjectGrabAttach の概要です。
掴んだオブジェクトがコントローラーに追従します。


■ このクラスは 
VRTK_BaseGrabAttach を継承しています。

全画面キャプチャ 20170218 104944

■公式サイトの解説 
まずは公式サイトによる解説。

VRTK_TrackObjectGrabAttach · VRTK - Virtual Reality Toolkit

以下、公式サイトの解説をざっくりと直訳または意訳したもの+若干の補足です。
誤り等があれば指摘してもらえると助かります。また、イベントおよびメソッドについての解説は省略していますので、それらは公式サイトを参照願います。


■概要
  • VRTK_TrackObjectGrabAttach は、ジョイントを介してコントローラにオブジェクトをアタッチせず、その代わりにオブジェクトがコントローラの方向を追跡するようにする。
  • これは、ヒンジジョイント(※ドアのちょうつがいのようなジョイント)や、他の Rigidbody と自然にインタラクトする必要のあるアイテムに適している。

■インスペクタのパラメータ
  • Detach Distance: 自動的に落とされる前に、掴んでいるコントローラがオブジェクトから離れる最大距離。

■関連するExamples
関連するExamplesについての解説記事です。

■VRTKのセットアップ方法および関連スクリプトの解説

VRTKのセットアップ方法および関連するスクリプトについての解説記事です。

今回は以上です。