(この記事の使用環境: Unity5.5.0f3 Personal、Windows10、SteamVR Plugin 1.2.0、VRTK3.0.1)


VR用アセット「VRTK」のスクリプト VRTK_PositionRewind の概要です。
ヘッドセットの衝突を検出しユーザーを元の位置に戻します。

SnapCrab_NoName_2017-2-19_15-32-22_No-00

■公式サイトの解説 
公式サイトによる解説はこちら。

VRTK_BodyPhysics · VRTK - Virtual Reality Toolkit

以下、公式サイトの解説をざっくりと直訳または意訳したもの+若干の補足です。
誤り等があれば指摘してもらえると助かります。また、イベントおよびメソッドについての解説は省略していますので、それらは公式サイトを参照願います。


■概要
  • VRTK_PositionRewind スクリプトは、ヘッドセットの衝突イベントを受け取ると、ユーザを良好な既知の立位位置に戻すために使用される。

■インスペクタのパラメータ
  • Rewind Delay: 元のヘッドセットの衝突から巻き戻しまでの時間。最後の既知の位置に戻るまでの時間。
  • Pushback Distance: 巻き戻されたあと再び壁のすぐ隣にいるのを避けるために、巻き戻し時にプレイエリアに戻すための追加の距離。
  • Crouch Threshold: ヘッドセットが腰を下ろしているとみなされる前にヘッドセットをどれだけ低くしなければならないかを決定するためのしきい値。最後の良好なポジションは、非クライチングポジションでのみ記録される。

■関連するExamples
関連するExamplesについての解説記事です。

■VRTKのセットアップ方法および関連スクリプトの解説

VRTKのセットアップ方法および関連するスクリプトについての解説記事です。

今回は以上です。