(この記事の使用環境: Unity5.5.0f3 Personal、Windows10、SteamVR Plugin 1.2.0、VRTK3.0.1)


VR用アセット「VRTK」のスクリプト VRTK_HipTracking の概要です。
ユーザーのヒップポジションを(疑似的に)追跡します。

SnapCrab_NoName_2017-2-19_13-6-42_No-00

■公式サイトの解説 
公式サイトによる解説はこちら。

VRTK_HipTracking · VRTK - Virtual Reality Toolkit

以下、公式サイトの解説をざっくりと直訳または意訳したもの+若干の補足です。
誤り等があれば指摘してもらえると助かります。また、イベントおよびメソッドについての解説は省略していますので、それらは公式サイトを参照願います。


■概要
  • VRTK_HipTracking は、ヒップポジションセンサーがない場合にヒップポジションを合理的に追跡しようとする。
  • VRTK_HipTracking スクリプトは、推定された腰の位置に配置される空の GameObject に置かれる。

■インスペクタのパラメータ
  • Head Offset: プレーヤーヘッド下方の腰までの距離。
  • Head Override: ヒップの位置を計算するヘッドオブジェクトとして使用するオプションのTransform。何も与えられなければ、シーン内で見つかるように試みる。
  • Reference Up: ヒップの位置決めの計算方法のためにプレイヤーに相対的な「上」がどちらかを示すためのオプションのTransform。

■関連するExamples
関連するExamplesについての解説記事です。

■VRTKのセットアップ方法および関連スクリプトの解説

VRTKのセットアップ方法および関連するスクリプトについての解説記事です。

今回は以上です。