(この記事の使用環境: Unity5.5.0f3 Personal、Windows10、SteamVR Plugin 1.2.0、VRTK3.0.1)


VR用アセット「VRTK」のスクリプト VRTK_HeadsetControllerAware の概要です。
ヘッドセットでコントローラーを見ているかを判断します。


SnapCrab_NoName_2017-2-19_12-36-50_No-00

■公式サイトの解説 
公式サイトによる解説はこちら。

VRTK_HeadsetControllerAware · VRTK - Virtual Reality Toolkit

以下、公式サイトの解説をざっくりと直訳または意訳したもの+若干の補足です。
誤り等があれば指摘してもらえると助かります。また、イベントおよびメソッドについての解説は省略していますので、それらは公式サイトを参照願います。


■概要
  • VRTK_HeadsetControllerAware は、ヘッドセットがコントローラとの間のパスをブロックしているかどうかを知り、ヘッドセットがコントローラを認識しているかどうかを知る目的で使用される。

■インスペクタのパラメータ
  • Track Left Controller:これがチェックされている場合、左コントローラーで、他のアイテムがヘッドセットからのパスを遮っているかどうかをチェックする。
  • Track Right Controller: これがチェックされている場合、右コントローラーで、他のアイテムがヘッドセットからのパスを遮っているかどうかをチェックする。
  • Controller Glance Radius: コントローラーが見えているかどうかを判断するためにコントローラーの原点からの許容距離の半径。
  • Custom Right Controller Origin: 右コントローラのワールド空間位置を提供するカスタム transform。
  • Custom Left Controller Origin: 左コントローラのワールド空間位置を提供するカスタム transform。

■関連するExamples
関連するExamplesについての解説記事です。

■VRTKのセットアップ方法および関連スクリプトの解説

VRTKのセットアップ方法および関連するスクリプトについての解説記事です。

今回は以上です。