(この記事の使用環境: Unity5.5.0f3 Personal、Windows10、SteamVR Plugin 1.2.0、VRTK3.0.1)


VR用アセット「VRTK」のスクリプト VRTK_HeadsetCollisionFade の概要です。
ヘッドセットが他のオブジェクトに衝突したとき視界をフェードします。


SnapCrab_NoName_2017-2-19_11-57-4_No-00

■公式サイトの解説 
公式サイトによる解説はこちら。

VRTK_HeadsetCollisionFade · VRTK - Virtual Reality Toolkit

以下、公式サイトの解説をざっくりと直訳または意訳したもの+若干の補足です。
誤り等があれば指摘してもらえると助かります。また、イベントおよびメソッドについての解説は省略していますので、それらは公式サイトを参照願います。


■概要
  • VRTK_HeadsetCollisionFade は、ユーザーのVRヘッドセットが別のゲームオブジェクトと衝突して画面を単色にフェードするときを検出する目的で使用される。
  • これは、ユーザが頭をゲームオブジェクトに突っ込み、(望ましくない効果である)クリッピングによりオブジェクトの内側(※および向こう側)を見ることに対処する。これにより、ユーザーが頭をあるべきでないところに置いた場合、色にフェードアウトし(例えば黒)、ユーザーは自分が何か間違っていると気付き、自然に後ろに下がるだろう。
  • VRTK_HeadsetCollisionFade は、VRTK_HeadsetCollisionVRTK_HeadsetFade スクリプトとの組み合わせで、目的の動作を導き出す。

■インスペクタのパラメータ
  • Blink Transition Speed: 衝突時のフェード瞬き速度。
  • Fade Color: 衝突時にヘッドセットをフェードさせる色。

■関連するExamples
関連するExamplesについての解説記事です。

■VRTKのセットアップ方法および関連スクリプトの解説

VRTKのセットアップ方法および関連するスクリプトについての解説記事です。

今回は以上です。