(この記事の使用環境: Unity5.4.2f2 Personal、Windows10


今回は敵の武器にだけ当たり判定を付けます。

使わせてもらったモデルはこちらの骸骨さん
SnapCrab_NoName_2016-12-26_13-13-22_No-00

まずは武器のモデルのほうにコライダーをつけてみましたが・・・。
こんな感じ。

静止状態のSceneビューでがんばってコライダーの位置合わせしたんですが、動いた途端ズレちゃいました。


で、修正後はこんな感じ。

うまく動いていますね。
武器モデルのほうにではなく、骸骨さんの骨格モデルのほうに紐づけてコライダーをつけました。
アニメーション設定されている部分に紐づけるのがポイントのようです。

ちなみにコライダーはIsTriggerにして判定にのみ使用します。
BlogPaint

今回のモデルの骸骨さんはもともと武器を持っていましたが、この考え方で他のモデルにも武器を持たせることができるのかな?あとで試してみたいと思います。

今回は以上です。